読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔獣編という"あり得た世界"

AbemaTVで前後編、コミカライズで叛逆を見てようやく読む踏ん切りがつきました、魔法少女まどか✩マギカ 魔獣編

ずっとずっと叛逆以降の話は敬遠し続けてきた自分ではありますが、また新たなまどマギの世界がリリースされるのではというこの風潮に吹かれて、向き合うことにしました

酒も入ってるし、まだ1回しか読んでないですが、新鮮な気持ちを残しておきたいと思ったのでこのブログを書き残します

 

 

まず冒頭部、話の流れとしては本編と似たような流れを取ってると言った印象でした

さやかが杏子に魔獣に仁美の心を喰わせるとけしかけた辺りも、恋煩いで次第に染まっていくさやかだったり、「似てるなぁ〜」と思った矢先に本編最終話のあのシーンに繋がってハッとしました、まだ始まってなかったんだと

 

ほむらについては、色々と思うところがありました。相変わらずまどか好きすぎるな〜とか、魔獣マドカを前にほんの僅かに顔緩んだりとか、相変わらずな面もありますが、ここでは「暁美ほむらの思い」というものが大きなキーワードとなってきます

この暁美ほむらの思いが、様々な面に作用して物語は展開していきました。

思いが奪われそれが特異な魔獣を生み出し能力を与えてしまったり、その思いを自らの力によってねじ曲げてしまったり、膨大なほむらの感情エネルギーがほむら自身を取り巻いていく話になっていきます

叛逆で痛いほど知りましたが、暁美ほむらの感情エネルギーのキャパシティは人智を超えていると思います……それも時を何度も超えた特異点だからこそなし得るものなのかもしれませんね、因果の収束点を造り出す程なので

 

もう一つ気になったのが、魔獣編では随所で「魔法少女としての使命」というものが現れてきます

魔法少女としての最期を迎える前のさやか、両親に化けた魔獣を倒す際のマミさんの所が印象的でしょうか

何回もこうやって魔法少女としての使命を表すような場面を作るということは、なにかメッセージがあるのではと推測してるのですが、今のところでは分からないのでまた精読して理解を深めようと思います

 

そして最後は「奇跡」のオンパレードですね、そうやすやすと起こるもんじゃないんですけどね(

概念となれ果てる直前に既に奇跡は起きていたという場面は胸が熱くなりましたね、ここに限らずですが既存のストーリーをうまく絡めていってるので、つながりを見つけた時の感動もより一層といったものです、恐らくは今後新たに展開する話にも持ち越される部分もあるのでは……と今から虎視眈々と睨んでおります

 

とりあえずはこんなところで、また折に触れてまどマギの世界の理解を深めていければいいなと思っております。

原案ももちろんですが、ハノカゲ先生の描くキャラや世界が素晴らしかったです!本編コミカライズからずっと読んできて、いつも感動してます

何箇所かマミさんめっちゃ可愛く描かれてて、マミマミストとしてはとても嬉しい限りでした(小声)

 

では、またなにかの機会に