マリンスノーの輝き

残したい想い 海に降り積もる雪に

WONDERFUL STORIES〜僕のラブライブ!が始まって5年

どうも、パステルです

 

 

いよいよ明日はラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd Lovelive! Tour 〜WONDERFUL STORIES〜埼玉公演の皮切り日となりました。

 

 

 

ど同時に、僕にとってはもうひとつ大事な日でもあるのです

 

 

 

そう、それは

 

μ’sのメンバー 東條希さんの誕生日です。

 

 

 

東條希さん推しになってから、僕は毎年この日に希さんの誕生日を祝えることをとても楽しみにしています。

 

 

僕が一番最初に目についたメンバーで、それ以来ずっと推しです

 

 

 

 

そして、そんな希さんが目についた日

 

 

5年前の今日

 

 

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル Android版がリリースされ

 

僕のラブライブ!が始まりました

 

 

 

数あるラブライブ!を知るきっかけの中で、僕の入口はスクフェスでした。

 

 

元々のきっかけは、スマホ音ゲーがやりたいってことで、何かとTwitterを始めとしたネットでも話題のスクフェスをこの機にインストールして遊んでみようと思ったからです。

 

 

当時は"アイドル"もののアニメにあまり興味がなかった僕なので、これも時間が経てばいずれ飽きるでしょ……という軽い思いで始めて、今までずっと続けてます。

何があるか分からないものですね、人生ってさ……

 

 

 

5年も経つと当時どういう風にチュートリアルが進んでいったかがかなり曖昧になってはいるのですが、ひとつ覚えてるのが

 

初期Rを9人のキャラの中から選ぶところ

 

ラブライブ!という名前は聞いたことあったけれども、キャラクターの容姿、声、名前、特徴までは知らなかったので、μ’sの9人に初めて会ったのはこの時です。

 


f:id:Pastel8memorandum:20180607225311j:image

拾い画で申し訳ないのですが、こういう選択画面ありましたよね。懐かしい…………

 

こういうの結構時間かけて選んじゃうタチなので、9人全員の声とセリフをしっかり聴いて吟味しました。

結果、選んだのが東條希さんでした。

 

 

そこからは、プレイ出来る曲やストーリーを観たり聴いたりして

ニコニコ動画に上がってるラブライブ!のMAD動画を観たりして

アニメの方に興味が湧いたので、アニメ一期を観てみることにしました。

 

 

当時はこんなにメンバー間ギクシャクしてるものだと驚いたものです。

やっぱりどんなに素晴らしい曲を歌うグループだとしても、最初の1歩は上手くいかないものだと。

それが人間臭くてラブライブ!の好きなところでもあるんですけどね。

 

その人間臭いところがとても面白いから、これをリアルタイムで味わいたい!って思うようになり、普段はアニメを一気に観ることが多い自分がラブライブ!だけは絶対に放送当日には観るようにしてました。

 

 

それからは名古屋で行われてたラブライブ!オンリーのオフ会に何度か参加して、同じラブライブ!を推していく人たちと出会って、仲良くなって、色々な縁ができました。

 

"みんなで叶える物語"なので、ラブライブ!を応援していくには仲間は不可欠だと個人的には思っています。

twitterなどのSNSを通じて仲間を募るのもアリなのですが、僕的にはやはり実際に会って話してという「face to face」の形が1番理想的だったので、できるだけ会って話すというスタイルを取ってきました。

それは今も同じで、周りにお酒が飲める仲間も増えてきたので飲みながら色々話したり……っていうスタイルが最近は多いですね。

 

 

4thライブ(LV2日目)、ファンミーティング(長野、愛知)、そしてFINAL(現地両日)

 

イベント経験としては少なめ?ですが、今でもとても思い出に残るいいライブでした。

 

 

 

そしてAqoursの物語が始まる「ラブライブ!サンシャイン!!」が発表され、誰を推していくのか

ラブライブ!公式ホームページの当時更新されたばっかりのキャラクター紹介でじっくり

見て考えて


f:id:Pastel8memorandum:20180607222158j:image

 

希さんを見た時と同じ「直感」

あの感覚がこの松浦果南ちゃんを見た時に感じられました。

そして今まで、ずっと一推しです。

 

 

そしてアニメ一期放映前

μ’sをとても大事にしてきた人の中で、なかなかAqoursを受け入れられない人が周りには多かったのと諸々の事情もあり、一期を観始めた頃は1人で推し始めました。

 

最初の頃は、「あれ、果南ちゃんなかなか出てこないけどこれ大丈夫……?」と不安に思いながら毎週観続けてましたが

 

9話「未熟DREAMER」で今までの不安が全て糧となり、想いがこみ上げてアニメ観終わってしばらく大泣きしました。

いい大人がアニメで大泣きしてしまった……と落ち着いた後冷静になったと共に、この「ラブライブ!サンシャイン!!」という物語、ただものじゃないってことをここで初めて実感しました。

 

アニメが終わり、1stライブも無事終わり、3rdシングルである「HAPPY PARTY TRAIN」が発売される頃に、今書いてるようなブログも書き始めました。

ここから繋がった縁もあるのが、今でも驚いてますね。

 

それから始まった2ndライブツアー、僕は神戸2日目と埼玉2日目の2回現地参戦してきました。

2ndライブツアー千穐楽を迎えたあの地で、今度は3rdライブツアーの皮切りを観れると思うとホントにワクワクしてきます。

 

2ndライブツアーが終わってすぐ、アニメ2期が始まりました。

この頃から、アニメ各話ずつの感想をブログに綴る人も増えていって、μ’sの物語の頃、さらにはAqoursの物語始まってからにはなかった現象が起こり始めて、まだまだ面白くなる可能性を感じていました。

さらに言うと、感想を纏めたブログは140字に収まらないありったけの想いが詰まってるので、実際に会って話した分とほぼ近いくらいの情報量が入ってくるので、こういう流れが来始めたのは素直に嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

僕のラブライブ!が始まって5年、要約するとこんな感じでございます。

 

 

これを通して何が言いたいかと言いますと

 

僕にとってのラブライブ!サンシャイン!!のWONDERFUL STORIESは、このラブライブ!との出会い、μ’sとの出会い、そして東條希さんとの出会いから既に始まってて、5年の間、かけがえのない「イマ」を重ねていったということなんです。

 

もちろん、ラブライブ!サンシャイン!!に入ってからの方がライブやイベントに参加してますし、これをきっかけに沼津に何回と訪れたりしてます。行動力はAqoursの物語に入ってからの方が段違いにあります。

でも、そもそもの"ラブライブ!"というものに惹かれたのはμ’sの光を見てきたから、そこは嘘をついたり隠したりしてはいけない部分だと思うので、μ’sAqoursどっちも包み隠さず「大好き」と言い続ける姿勢が大事ではないでしょうか。

 

 

 ラブライブ!というものにハマり始めてから、色々なものも当然犠牲にしてきました。

でもそれを悔いるだけじゃなくて、糧にして前を向いて明日を見据えることが大事なんだということを教わりました。

ただ犠牲にしたことを忘れるだけじゃなくて、それを積み上げて自分のものにしていくことが大事だと。

そして、間違いではなかったと胸を張って言えるように毎日を輝かせることが大事だと。

 

今では失ったものより得たものの方が断然多いです。

それは経験だったり、知識だったり、物的なものだったり。

でも一番は仲間です、これまで出会ってきた仲間、最近出会ってきた仲間、これから出会うであろう仲間。

そういう人たちがいるからこそ、イマの自分がいる。

 

 

 

自分が選んだ道が間違ってなかったって心の底から思えた

ただ流れるだけのつまらない時間から僕を救ってくれた

仲間たちとの出会いこそが"キセキ"だったんだ、って…

 

だから楽しみたい

ラブライブ!で楽しみたい

この道でよかったんだって証明したい

今を精一杯全力で

心から

 

ラブライバーとして楽しみたい!

 

 

 

 

 6年目を迎えた僕のラブライブ!

明日、新たな物語を刻みに行きます

 

これまでのSTORIESと

これからのSTORIESを合わせて

 

自分だけの"キセキ"にするために

 

 

楽しんでいきましょう!
f:id:Pastel8memorandum:20180607214418j:image

 

 

Pastel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

東條希さん、1日早いけどお誕生日おめでとうございます。

 

あなたとの出会いが僕の人生を変えたと言っても過言ではないです。

 

ひと目見た時から1番の推しなあなた

 

推してきて本当によかったって毎年この時期になると思います。

 

あなたのシンボルである「月」

 

太陽が沈んだ後に世界を照らす月

海に満ち干きを起こす月

 

静かに見守る月のようなあなたが好きです。

 

 

 

これからも新たな光を共に見守ってくれますか?

 

6年目も、よろしくお願いします。

 

╭*(๑˘ᴗ˘๑)*╮